Lifelog - How far can you walk?

モノ Stuff

Heath Ceramics Factory Storeへ

Heath Ceramics Factory Storeへ

Mt. Tamalpaisを走ったあとはその足でHeath CeramicsのFactory Storeに寄り道して帰りました。ここはアウトレット品が置いてある工場直営店なのですが、Golden Gate Bridgeを渡ったところにあるので何かのついででこないと橋の通行料と相殺してしまうというジレンマを抱えているのです(我が家の事情)。今回は前から目をつけていた冬季限定のWinter SeasonalのStudio Mugを見つけたのと、一輪挿しのBud Vaseを買って帰りました。双方とも多少”す”入りだったり、マイナーな傷があったりという程度で、正直良品との差異はほとんどわからない。もともとそれなりのお値段のするHeathが20-30%OFFで買えるのであればアウトレットを利用しない手はないんです。ただ問題は、前述の通りロケーションに難ありと、あとはもともとがいいお値段なのでアウトレットでもそこそこのお値段がしてしまうということでしょうか。

手挽きコーヒーはじめました

手挽きコーヒーはじめました

アメリカ赴任前:昼食後に缶コーヒー程度、どちらかと言えばお茶派(緑茶でも紅茶でもOK)。 アメリカ赴任後:朝起きてコーヒー、オフィスに出社してコーヒー、昼食後にコーヒー、夕方にもう一杯。4杯/日。 家ではお手軽コーヒーメーカーのキューリグ(Keurig)を手に入れて、CostcoでリフィルのKカップを大量買い。郷に入っては郷に従え、コーヒー大国アメリカでそんな生活を2年ほど続けていると、段々と奥深くに封印していた「凝り性」という名の悪霊が姿を現してくるわけで。。。

ディスクブレーキマウントのフェイシング

ディスクブレーキマウントのフェイシング

Fog Cutterを組み上げる上で最後まで頭を悩ませたのは、リアのディスクブレーキのアライメントがおかしかったこと。マウントが内側に倒れており、そのままキャリパーを取り付けるとブラケットとネジがディスクローターに接触するというお粗末な状況。自転車ショップに持ち込むも、持ち込みフレームのせいかフレーム側への加工を嫌がられ、どこもブラケットやワッシャーを削るというその場しのぎの対応だけで、非常に物足りなさを感じていました。マウント側がおかしいので、それを何とかしないといけないわけで、Webで探していると良いツールがあるじゃん。 ParktoolのDT-1.2。DT-1.2は既に廃盤になっており、最新のものはDT-5.2。DT-1.2はISマウントのみ対応していて、DT-5.2はISだけでなく、ポストマウント、フラットマウントにも対応。ただ、DT-5.2は価格が恐ろしく、USでも$400弱、日本ではなんと7万超え。途方にくれていたところ、eBayでDT-1.2が格安で新古品が出ているじゃないか。ショップに工賃取られながらたらい回しにされるくらいなら自分でやってれーということで早速ポチりました。

待ちに待ったFog Cutterのシェイクダウン・ライド

待ちに待ったFog Cutterのシェイクダウン・ライド

Google ブレーキの調整やら日本出張やらで少し日が空いてしまいましたが、無事組み上げ完了です。ようやく納得行く仕上げ。早速その脚でシェイクダウンを兼ねて、いつものGoogle→Shoreline→Stanfordコースをぐるっと走ってきました。

完組みの一歩手前

完組みの一歩手前

スキマ時間を使ってとりあえず形にはなりました。ホリゾンタルでないのが少々残念ではありますが、やはりクロモリの細身のシェイプは綺麗ですね。上品さが醸し出されています。変速の調整もさすがに今年は触ってばっかりなせいか、腕が上がったのか今回は一発アジャスト。すぐにでも乗りたいのは山々なんだけど、あとひとつだけ、、、あとひとつだけ。。。

SOMA Fabrications “Fog Cutter” – クロモリ回帰

SOMA Fabrications “Fog Cutter” – クロモリ回帰

はい、またしても新しいフレームです。人生初の初代ロードバイクに還って、真っ赤なクロモリです。 SOMA Fabrications “Fog Cutter”

シェイクダウンを経て、ついに3代目完成

シェイクダウンを経て、ついに3代目完成

やはりフレームが新しくなると、今までと同じ感覚で組み上げても何度かシェイクダウンを重ねていくうちにどことなく違和感を感じたりするもの。 そしてたどり着いたのがこの最終型。

Lynskey Sportive Disc 2017 組み上げ完了

Lynskey Sportive Disc 2017 組み上げ完了

Lynskey Sportive Disc 2017 週末に合わせたかのように35℃オーバーの猛暑日が続く。一番いい季節を見事に逃したなぁ、と悔しい思いをしつつもやはり新車はわくわくするもの。半日みっちり時間をかけて組み上げた。

Lynskey Sportive Disc 2017

Lynskey Sportive Disc 2017

発注したのが5月頭。1ヶ月半でようやく手元に届いた。Lynskey Sportive Disc 2017。そう、念願のチタンフレームである。

Spurcycle Bell

Spurcycle Bell

何も予定のない週末。リフレッシュがてら久しぶりにサンフランシスコ植物園を散策して、サンフランシスコ市内の自転車ショップを数軒回ってみた。やっぱり明確な目的もないのにうろうろするもんじゃないね。素敵なベルを見つけてしまい、衝動買い。