Lifelog - How far can you walk?

Make left and right turns…

整備が必要なのは己の肉体と精神だったというオチ

雨の切り目の曇り空の下、ちょっとその辺まで散歩に行ってみた。自宅からStevens Creek County Parkまでの往復。これが初めてのアメリカでのライド。

Stevens Creek County Park

とりあえず思ったよりも早く最低限の目的地まで到着。このまま南下して、環状線コースで帰ろうと思ったのに、途中の峠前でダウン。足がもう踏ん張れません。。おとなしく来た道を折り返して帰路につく。

貯水池の水が・・・

今冬のぐずついた天気をもってしても貯水率が上がっていない・・・。昨夏はどんだけ枯渇してたんだろうか。

Freewayの高架の上で

自転車レーン

カリフォルニアの公道には写真のような自転車レーンがある。基本的に自転車もどでかいピックアップトラックと同じ車両扱いなので(日本でも同じだが)、車道もしくはこの自転車レーンを走ることになる。とは言え、大通りの脇はやはり怖い。交差点での自転車のポジションが特に。

これは右折の例。基本的に一番右側に自転車レーンがあるのだが、交差点付近は車の右折レーンとも兼ねているので、自転車は左寄りの直進レーンで待機する必要があるみたい。これ、車がバンバン飛ばしている大通りでやるのは結構怖かったりする。

一方で左折はWebでなかなか情報がHitしないが、車の左折レーンから直接左折も、また日本で言う二段階左折も可能なよう。大通りではさすがに右端の自転車レーンから車の左折レーンに移動するのは危険すぎるので、大通りに限っては二段階左折が無難と思われる。(Source)

アメリカの交通ルールも確認しつつ、ぼちぼち乗って行きたいと思う。

A-Bの往復、本日の走行距離12miles(19.2km)

本日の走行距離は約20km。峠を目前にもう無理!と引き返してしまったその根性を恥つつも、やはり体力づくりだ。

※GPSのサイコンを買ってみたものの、速度や距離表示はされていたのに肝心のログが取れておらず。これはまた別途レポしたい。



2 thoughts on “Make left and right turns…”

  • アメリカ初ライドおめでとう!
    逆側走行だから写真みても違和感あるねぇ。
    交通事故にはお互い気をつけよう。

    ところでブロックタイヤはどんな感じ?

    • >ヨウメイさん
      慣れですね。こればかりは。車の運転も然り、最初は違和感のみですわ。

      ブロックタイヤはやはりスリックに比べると転がり抵抗は感じます。特に下り。まだ慣れてないのでちょっと怖い。あとコーナーリングでもスリックとの違いを感じますね。まだ舗装路しか走ってないので、未舗装路はまた楽しみですわ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA