Lifelog - How far can you walk?

Build Up! – part 2


After

オーバーホールの最終章、今日で組み付けは完了。とりあえず何とか走れるところまでは持ってこれました。

Before

ちなみにこれが1月3日現在のタイヤだけ変えた写真。パット見あんまり変わらないか?足回りが黒く統一されたので少し締まって見える?ちなみに昨日パンクに気づいたブロックタイヤの代わりを探しに近くの自転車店をいくつか回りましたが、ロード用のブロックタイヤ売ってない。そう言えば前回も探しても見つからず、Amazonでポチったんだった。と思って、Amazon見てみると定価でしか売ってない。。サンフランシスコ方面の自転車屋でたまたまコンチのGrand Prix 4000 S2があったので妥協して買ってしまった。またしても700x28Cに逆戻り。むー、余計な出費となってしまった。。。(ブロックタイヤの方は一回走ってしまったが、やはり側面で亀裂を起こす不手際をした記憶もなく、悔しいのでダメ元で初期不良で返品できないか交渉中。)

さてタイヤをサクッと交換してからディレイラーの取り付けに取り掛かります。

フロントディレイラーは使い回しの10−YEAR-OLDの105

ULTEGRAにコンポを刷新したかったのだが、さすがに予算上ギブアップ。今回は見送ってまたぼちぼちアップグレードしていこうと企てている。なので、今回は105のコンポを洗浄して再度組み付けることに。

ミッシングリンク

今回はメンテのことを考えてミッシングリンクでチェーンを繋ぐことに。こんなの以前はなかった気がする?ULTEGRAのクランクセットは11速だけど、ディレイラーは105で10速、使い回しのチェーンなのでこちらも10速。

リアディレイラーも使い回しの10−YEAR-OLDの105

ここで昔バイトで自転車を触ってた経験が生きる。この10年、スマホとタブレットが登場し劇的に生活が変わった期間でもあったが、自転車は基本構造は変わらず。ワイヤーで引っ張ってメカニカルにギアチェンジするというアナログ感がやはり安心だったりする。ディレイラーの調整の際に11速用のクランクが混じっていることが気になっていたが、実際の動作にはほとんど問題なさそう。

サイコンのケーブルが無くなったのですっきりしたフロントバー

クランクのクルクル感はちょい乗り試走でも感動的

ブレーキは感触は変わらず。ディスクを変えたので下りなどコンスタントにブレーキをかけるシーンでは今までよりも放熱性が期待できるはず。

そんな感じで今回の1ヶ月に及ぶオーバーホール兼グレードアップは完了。途中いろいろアクシデントはあったが、意外に何とかなるもの。なんたってPark toolsの工具が格安で手に入ったのも大きかった。プロショップに一度オーバーホールを出すのと同等以下の金額で道具一式揃えられたのだから。

To be continued…

さて、あとは乗るだけ!

 



2 thoughts on “Build Up! – part 2”

  • キシリウムにアルテのクランクだとー!
    想像以上にがっつりグレードアップじゃん。
    奥様はお値段知ってるのかしら(笑)

    タイヤに関してはさすがですな。
    ニッポンのサムライクレーマーのお手並み拝見!

    こっちは少し雪が降って自転車熱は強制終了。
    このブログ見ながら春まで微熱で繋ぎたいと思います。

    • >ヨウメイさん
      スキー場も遠い(車で4~5時間)、山も近くにない(車で3~4時間)、選択と集中ですよ。カリフォルニアは自転車に対するまちづくりも進んでますし、ペイできるという判断です、という理論武装をして踏み切りました。が、たぶん、バレた暁にはそんなの一蹴されるでしょうけどね笑。

      こっちのクレーマーに比べれば僕なんて可愛いもんですよ!ファーストフードで毎日食事した結果太って病気になったのはお前らのせいだ!と訴訟を起こすレベルですからね。さぁ、どこまで交渉できるか、乞うご期待笑

      日本は(というかエルニーニョのせいで世界的に)今季はかなりおかしな天気のようですね〜。微熱を継続できるよう頑張りますよw

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA