Lifelog - How far can you walk?

Super Bowl 2016

おそらく2016年2月7日は、全米からSan Joseがピンポイントで注目される日になるであろう。その理由は言わずもがな、ただでさえ注目度の高いSuper Bowlが今回はなんと50回目という節目であり、なおかつSan JoseのLivi’s Stadiumで開催されるから。そんなアメリカの国民的行事をこんな近くに住んでながら雰囲気だけでも感じに行かないわけにはいくまい。渋滞や交通規制等で車では近づくべきではないのは火を見るより明らかなので、自転車で行ってみた。

9時過ぎに自宅を出発。Livi’s Stadiumから南に走るSan Tomas Aquino/Saratoga Creek Trailに乗って北上。

思ったよりも人が少なく、順調に巡航。Livi’s Stadiumが見えてきた。しかしここでアクシデント。スタジアムでイベントの時は途中からこのTrailが通行止めになっていた。仕方ないので、迂回してスタジアムに近づこうとするも警備が厳重でところどころで道路封鎖もされており、なかなか行きつけない。。さすが全米トップクラスのイベントだけあって、警察だけでなく軍も出動している。初めて間近で地対空ミサイルを見た。

結局ぐるっと回って正面の大通りに出るもここも封鎖されている。ここまで来ると流石に人が多い。流れに沿って進むとスタジアムの西側に出たので、ここから歩行者の流れに乗ってスタジアム方面に。今回デンバー・ブロンコスのチームカラーがオレンジということもあって、ブロンコスファンからは自転車がオレンジだったせいか激しく歓迎された。一方でパンサーズファンの人混みに突っ込む自信も失った(笑)。

報道陣の数も半端ない

会場脇に到着。スタジアムまではチケットホルダーしか近づけない。Super Bowlのチケットは法外な金額に高騰するのでも有名だが、今回は安いチケットでも$3,000~$4,000が相場らしい。うーむ、すさまじい。。

向こう側のスタジアムが見えない。これでもかってくらい厳重な警備でなかなか近づけない。さすが、世界屈指の経済効果を誇るスポーツイベントなだけある。

うーむ、スタジアムは見えない

近くから見るのは諦めて遠い目でスタジアムを眺める。

スタジアムの裏側

封鎖されている道路は一部自転車は通行可能。ここも車は通行止めになっていたので快適だった。

警察だけでなく軍も出動中

Guadalupe River Trailで帰路につく

2月なのに桜も咲いて菜の花も咲いて、完全に春

近所の公園

走ったあとはそのまま近所の公園まで行って、相方と息子と昼ご飯を食べて帰った。空にはSuper Bowlにちなんだ雲飛行機のアド、目の前には旧正月のお祝いをしている中国人の集まり。海外に住んでいるということを改めて実感した日でもあった。

DORITOSとはこれ

Super Bowlのキックオフは3:25pmから。家でゆっくりテレビで観戦した。結果はデンバー・ブロンコスが24:10で圧勝。ルールは少ししかわからんけど、迫力あるしやはりエンターテイメントの国だなぁというのが率直な感想。しかし冒頭のレディー・ガガの国歌斉唱はすごかった。



Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA