Lifelog - How far can you walk?

Trip to Stanford University

Stanford University “The Oval”

言わずもがな、アメリカ西海岸最高学府のスタンフォード大学。自転車で行ってみようとでも思わないと縁のない場所でもある。。

自宅からサンフランシスコに向かってFoothill Expyを北上すれば大学に着く。途中に通るLos Altosは高級住宅街でスティーブ・ジョブズの自宅もこの辺とか。往路は緩やかな上りで、わりとポピュラーなコースなのか、頻繁にチャリラーとすれ違った。

Medical Center

Cantor Arts Center

Campus

The Oval

Memorial Court

Memorial Court

Memorial Court

Memorial Court

Memorial Court

Memorial Court

Memorial Church

大学に着いてからはぐるっと散策して、大学の正面玄関とも言えるThe Ovalまで。本来であればもっと色とりどりの花で綺麗らしいのだが、今は一応まだ冬なので味気ない感じだった。流石にOval周辺は観光客が多かったが、他の場所は休日とあって閑散としていた。とにかく敷地面積が広いので、スタジアムなどはまた次回の楽しみにとっておこう。

加えて、今回初出動だったビンディングペダルのProsとConsを備忘録代わりに書いておく。

<Pros>

  • 引き足を使えるので巡航速度が一段アップ
  • ペダルに固定されているのでパワーロスが少ない=疲れにくい気がする
  • プラットフォーム付きなので、STOP&GOが多い場所でも足をおいておける

<Cons>

  • ペダルの踏み位置はクリートの位置次第なので長距離巡航の際に踏み位置の微調整がしにくい
  • 思いの外クリートの減りが早そう
  • 突発的にリリースできるかどうかはまだ試せていない

総走行距離: 47.72km



2 thoughts on “Trip to Stanford University”

  • 私はロードバイクと同時にビンディングペダル導入してた。
    今はもうビンディングじゃないといやだなぁ。
    最初はSPDで今はSPD-SLがメイン。
    歩きが多いときはSPDに戻すけど。

    固定されていると、やっぱヒルクライムでは圧倒的に楽だね。
    反面街中は気を使う。
    立ちゴケは二回経験した(笑)
    慣れた頃にやるから気をつけて~

    ところで、前から気になってたんだけどそのカッコイイボトルは何?
    普通のボトルケージに入るの?

    • ほほう。サイクリングロードに限った話だとビンディングに抵抗はなかったかもしれないのですが、街乗りも含めるとどうにも踏ん切りがつかず。。やっぱ一度ビンディングにすると戻れないんですね。
      立ちごけ、大通りでやっちゃうとシャレにならんので気をつけますw。

      おぉ、さすがお目が高い。もともと持ってたチャリ用のボトルが引っ越しと同時にどこかへ行っちゃったので、数年前ヨセミテで買ったロゴ入りのKlean Kanteenのボトルを使ってます。普通のボトルホルダーにもバッチリ収まります。
      http://international.kleankanteen.com/japan/products/klean-kanteen-reflect.php

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA