Lifelog - How far can you walk?

Mt. Tamalpais

念願のMt. Tamalpais。

Golden Gate Bridgeを渡ってしばらく北上したところに、Mt. Tamalpaisというえらく素敵な山岳コースがあると聞いたのは昨年の秋。いろいろとWebで調べてみると特に稜線部から素敵な景色が広がっていることはわかっていたのですが、気候と体力的な課題から先送りにしてたというのが正直なところ。ここ最近、自宅からのアクセス圏内で登坂で身体を慣らして、いよいよ満を持してクライムオン!

8:00AM前にGolden Gate Bridgeを渡ってしばらくのPohono St. Park and Rideに車をデポ。San Franciscoからのアクセスでも良かったのだけれど、そこまで体力的な自信がなかったのでまずは純粋にMt. Tamalpaisを満喫するということで。

 

スタート直後は海抜0m。風が冷たい。

最近20℃超えの気候が続いていたので薄着だったのが間違い。スタート直後は海風の冷たさに、特に指切りグローブしか持ってこなかったのは間違い。と言いつつも、日が昇って身体が暖まってきたら特に問題はなくなったのですが。

 

しばらくはフラットな海沿い、川沿いを進む。

遠い目に見える黄色い花をつけた木。これがおそらくこの季節の花粉の飛散元と勝手に推定しています。ペダルを踏んでても鼻と目がむずむずするのはきっとこいつのせいだ!

 

Fairfax Coffee Roastery。ここから登りが始まる。

車をデポした駐車場からFairfaxまでは平坦路を北上します。そしてこのFairfaxから本格的な登りがスタート。ちょうどFairfaxのダウンタウンの交差点に面しているコーヒーショップが目印。朝から多くのローディや地元の人達で賑わっていました。こういうローカルのカフェ巡り的なライドも計画してみたいのです。でも、一度ペダルを踏み始めるとなかなか止まれないという・・・。

 

登り始めはきつい!

まずは住宅街の登り。だんだんと住宅がまばらになって山岳コースに入っていきます。まだ身体ができあがっていない序盤が一番きつかったり。

 

途中景色が開けるとやる気UP!!!

途中、空が開けるとテンションもUp。まだ電線が見えるということは先が長いというしるし。

 

意外に交通量も少なく登りに集中できるのがgood。

いよいよ、山っぽくなってきました。まだまだ体力的には余裕です。

 

緩すぎずきつすぎない、ちょうど良い斜度。
最初の峠。下に見えるのはゴルフ場。

ここまで標高差300m。ここから100m下って、その後400m登り返すという・・・まだまだ序盤です。

 

ここから100m下って、登り返しに。
標高差で100m下った谷は木漏れ日が眩しい樹林帯。
中間地点のダム。ここまでは楽勝。ここから本気の登りが始まる。標高差400m!!!
樹林帯で景色見えない、ただただ無心でペダルを踏む。

登り返しは景色のない樹林帯をひたすら登ります。路面の状況もあまりよろしくなく、下りには使いたくないルート。時速10km程度の超低速でじわじわ登ります。

稜線への分岐。Mt. Tamalpaisの看板も見えて、絶景までもう少し!!!

もうどれくらいペダルを踏んだか忘れた頃にようやく稜線への分岐に到着。さて、ここで一息ついて今回の本番、稜線の絶景ライドへと胸が高まります。

 

樹林帯、終了。いよいよ稜線が視界に。なにやら絶景の予感。

坂はきつい!でも景色いい!道の走り具合もいい!今までの疲れもぶっ飛び、ペダルも心なしか軽くなったような。

あの丘の向こう側に何があるのか。
稜線に出て、ローディが急に増えたような。みんな目指すは同じ。
車の交通量も少なく、静寂の中、続々とローディが登ってくる。
道は続くとはまさにこのこと。無数のトレッキングコースも見える。歩くのも良さそう。
太平洋側が一望できるポイント。文句なしの景色。ここまで登ってきた甲斐があったと実感する瞬間。

とにかく360°、景色が素晴らしい。特に太平洋側の視界が開けており、麓の街がよく見えます。確かに登りはしんどかったけど、この景色が見れるのであればなんてことはないんです。

 

天空の道、とは少々大げさか。道路がまるで浮いてるかのよう。
場所を変えて太平洋側の眺望をもう一枚。
ピークを超えてここからは下り。San Francisco方面が見えてきた。

Mt. Tamalpaisの山頂は2つあります。本命のPeakと西側のWest Peak。情けない話、、、これ以上登れる体力と、あとは思ったより時間がかかってしまった関係上、ピークは今回は置いてくることにしました。また次回、今度はピークを踏めるようにトライしたいと思います。さて、ここからはもう下るだけ!

やはり少し霧がかっているのがSan Franciscoらしい。
あとは駐車場まで景色を堪能しながらひたすら下るだけ。

下りは下りで、続々と車とローディが登ってくるし、ブレーキコントロールが大変で久しぶりに握力を全開放しました。しかし、みんな飛ばすね。自分は40km/hが自制の目安。路面も荒れているところもあるし、それ以上出すのはセーブしてるのに回りは50-60km/hで下ってくるからすごい。

そんなゴリゴリのローディを横目にマイペースで下って、無事駐車場へ帰還。

Sausalito周辺の海辺も良さそうなルートが沢山あるので、次回はそこも回ってみたい。



Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA