Lifelog - How far can you walk?

一時帰国と還暦祝い

気がついたら前回の更新から数ヶ月。仕事で9割9分パソコンに向かっているもので、プライベートな時間までパソコンに向かう気力のない日々が続いておりました。6月中下旬に一時帰国をしていましたが、主な目的はビザ更新。大阪の領事館へ行って、ビザ更新の申請と面接を受けて、無事承認が取れました。これで2020年の夏まで海外赴任は延長でございます。ちょうど帰国は東京五輪の開催前後でしょうか。実際にいつまでかは雇い主次第ではありますが。さて、一時帰国時には両親の還暦のお祝いも兼ねて、ちょっと贅沢をしてきました。地元福井が誇る老舗温泉料理旅館「望洋楼」へ。

部屋の外は日本海がダイレクトで見えるオーシャンビューの部屋。今回、両親と宿泊+弟夫婦が夕食だけ参加するということで一番大きい部屋にしてもらいました。なので部屋風呂はありませんが、もともと大きい旅館ではないし、大風呂(というほどでの大きさではないが)でも十分。日本海が一望できる露天が素晴らしいことこの上なし。

有名なのはもちろん越前蟹のシーズンですが、夏のシーズンも地物の魚介類や野菜がふんだんに使われた料理の数々で、しかもたらふく食べられます。

部屋は「はせ」。松平春嶽が愛した「まつかぜ」のちょうど上の階に当たります。部屋付き露天はないものの、部屋から見える景色は春嶽が見たそれと同じ。

 

東尋坊と日本海。6月の梅雨時にも関わらず幸運にも天候は晴れ。完璧な夕日とまでは行きませんでしたが、北陸にしては十分すぎる好天に恵まれました。

 

徐々に陽が沈む瞬間を見ながらの夕食は格別でございます。

 

1泊2日は短くも充実した時間でした。ここUSのベイエリアは日本食のスーパーは近くにいくつもあるし、吉野家もくら寿司も山頭火も牛角もダイソーもあって、海外赴任では入門編のエリアだと思っております(仕事はさておき生活面の話。。)。しかし、唯一ないのが「風呂」。自宅はユニットバスだし、これだけ便利なシームレスな世の中になったとしても、日本人としては風呂が恋しいのです。なので、一時帰国には温泉に行きたいのです!

なかなかこのクラスの旅館に泊まる機会はないけれど、たまにはこんな贅沢もいいなぁ。



Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA