Lifelog - How far can you walk?

Yellowstone National Park – Day 3

Grand Prismatic Spring

2日は少し朝早く起きてOld Faithfulに次ぐYellowstoneのシンボル的なスポットに向かいます。地熱で暖められた湧水とバクテリアが織り成す芸術とは、まさしくこれ。

 

朝早めに起きて向かうはGrand Prismatic Spring。West YellowstoneからだとOld Faithfulへ行く途中にあります。前日も横目に通った際は駐車渋滞が起きるくらいの人気ぶり。ちょうど滞在してた期間は異常気象に近い高温で日中は暑いので、早朝から早め早めの行動です。

Grand Prismatic Springから湧き出る温泉が川に注ぐ。

駐車場から橋をわたるとGrand Prismatic Springから溢れる温泉が川に流れ込んでいます。川にはトラウトなどが生息しており、フライフィッシングのメッカのようですが水温高いのか?ミネラル豊富な良質な水らしいので釣れる魚も美味しいのかも。

 

早朝でまだ気温も低いのでSpringからは湯気が立ち昇る。

早朝はまだ気温が低いので立ち昇る湯気の量もかなりのもの。たまに吹くそよ風でコバルトやエメラルドブルーの水面が顔を出します。

 

モクモク。

 

たまに風向きが変わってコバルトブルーの水面が顔を出す。

 

さてここからが本番。Grand Prismatic Springのブルーが湯気越しに見えてくる。

しばらく木道を歩くと、いよいよ本日メインのPrismatic Springが見えてきます。既に湯気に水面のブルーが反射してなんとも神秘的な光景が・・・。

 

Grand Prismatic Spring。見よ、このグラデーション。

 

中心部のブルーから周辺のオレンジへのグラデーションが神秘的。

手前は温度が低くバクテリアが繁殖しているため黄色からオレンジに見えます。が、木道の上からとは言え、水面とほぼ同じ高さでは全容がよくわからない。

ということで、駐車場に戻ってもう少し先の駐車場に停め直します。ここから数十分あるくとこのGrand Prismatic Springが上から見ることができます。

 

上高地の梓川のスケール大きい版。

駐車場から砂利道をしばらく進んで、少し山を登ればゴール。気温がだいぶ上がってきたのでベビーカーも一応持参。

 

綺麗に整備されているので迷うことも道を外すこともありません。観光客も多し。

 

ここから少し登り。と言っても大したものではなく、子供の足でも余裕な距離。

 

展望台に到着。到着当初は全然混んでなくて景色を独り占め状態でした。気温が上がってきたせいか水面の湯気もほぼ消えており、グラデーションがよく見えます。

 

Google Mapの衛星写真でも異様とも映る景色ですが、実際に生で見てもなぜにこんな色合いになるのか、と狐につままれたような気分になります。いやー、いいものが見れました。

このあと団体の観光客(日本の観光バス)がやってきたので、帰路につきます。ちょうどお昼時に差し掛かっていたので、前日も訪れたOld Faithfulに再び行きます。

 

Old Faithful Inn

泊まれなかった腹いせ、というわけでもありませんが、せっかくなのでOld Faithful Innでランチをいただくことにしました。

 

ホテル内部。

 

ホテル内部、その2。

 

ホテル内部、その3。

昨日は外観を眺めるだけでしたが、今回は内部も隅々まで。開業が1904年で100年以上の歴史を持つ全木組みの様相は想像以上です。巨大ログハウスと呼ばれる建物そのものも一見の価値あり。やはりここに一度は泊まってみたいなぁ、と思わせる雰囲気です。次回、チャンスがあれば?!

 

Bison Burger!!!

ランチはビュッフェかアラカルトか選べます。相方はビュッフェにしてたけれど、ワタクシはやはりこれでしょう、バイソンバーガー。脂身が少なく肉肉しいパティで美味しゅうございました。ビールはローカルのOld Faithful Aleです。あっさりめのエールでこれまた美味しゅういただきました。

 

Old Faithful Geyserの噴出予想時刻。

前日も見たけれど、せっかくなのでもう一回Old Faithful Geyserの噴出を見に行きます。今度はアングルを変えて。

 

Old Faithful GeyserをInnの前から。

Innの前からみたOld Faithful Geyser。前日よりも少し距離が近いか?

 

こっちのほうが近くて迫力大。

Yellowstoneは夏とは言え30℃を超えることはあまりないのだそうだが、ちょうど滞在期間は猛暑の予報で33℃前後の厳しい日差し。見ての通り日陰が全く無いので、気温が最高になる昼過ぎにはドライブがてら帰路につきました。また明日、次はUpper loopを回りたいと思います。

 

 

 



Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA