Lifelog - How far can you walk?

Tag: PENTAX FA77mm F1.8 Limited

CRANKBROTHERS CANDY 7

CRANKBROTHERS CANDY 7

足回りの換装です。ふらーっと覗いたebayで新古品で半額くらいになっているCRANKBROTHERSのCANDY 7を発見。即ポチ。

手挽きコーヒーはじめました

手挽きコーヒーはじめました

アメリカ赴任前:昼食後に缶コーヒー程度、どちらかと言えばお茶派(緑茶でも紅茶でもOK)。 アメリカ赴任後:朝起きてコーヒー、オフィスに出社してコーヒー、昼食後にコーヒー、夕方にもう一杯。4杯/日。 家ではお手軽コーヒーメーカーのキューリグ(Keurig)を手に入れて、CostcoでリフィルのKカップを大量買い。郷に入っては郷に従え、コーヒー大国アメリカでそんな生活を2年ほど続けていると、段々と奥深くに封印していた「凝り性」という名の悪霊が姿を現してくるわけで。。。

Spurcycle Bell

Spurcycle Bell

何も予定のない週末。リフレッシュがてら久しぶりにサンフランシスコ植物園を散策して、サンフランシスコ市内の自転車ショップを数軒回ってみた。やっぱり明確な目的もないのにうろうろするもんじゃないね。素敵なベルを見つけてしまい、衝動買い。

ホイールの振れ取り

ホイールの振れ取り

先日Facebookまで走ったときに妙に気になった前輪の振れ。なんでこんなにうねってるのか?止まって確認するも、チューブやタイヤのはまりに問題はなさそうだったのでそのまま走り続けたが、その後も気になって眠れないくらい頭の中がうねうねしているので、どうにか直せないか画策。昨年完組みホイールで購入してからそのまま使い続けてたホイールだが、振れが全く無かったわけでもなかったので、まずそこから直そうと調査開始。振れ取り台とセンターゲージの購入で安いもので約$100。最初はそれでトライしてみようかと思いつつ、いろいろと調べていくうちに「ディスクブレーキだし、スポークにかかるテンションはキャリパーやカンチブレーキの比にならないし、下手こいたら怖いなぁ」、と考えているうちにだんだんと自信がなくなってきて、最終的にショップに持ち込むという結論に至った。

Home Leave

Home Leave

日本人のこころ、ニホンイシガメ at いしかわ動物園 10月後半の話。一時帰国で日本に二週間ほど帰っていた。うち一週間は出社、残りの一週間はオフの予定だったのだけれど、そんなにうまく仕事をほっぽりだすこともできず、合間を縫っての束の間の休息となった。

San Francisco Zoo

San Francisco Zoo

San Francisco Zoo 子連れのお出かけの鉄板、動物園。ここベイエリアでも例外ではなく、2月に引き続き2回目のサンフランシスコ動物園。天気も上々。

San Francisco Botanical Garden

San Francisco Botanical Garden

San Francisco Botanical Garden よく「アメリカは花粉症がなくていいね」と言われますが、、、あるからね。なんたって西海岸にはかの有名なRed wood、またの名をセコイア、またの名をアメリカ杉がそこいら中にあるからね。 土曜日の午前中、のんびり散歩でもと思って行ったサンフランシスコ植物園でえらい目にあったという話。

Hanging Basket

Hanging Basket

以前行ったスイスはもちろん、欧米ではガーデニングが非常に盛ん。ここベイエリアもその安定した気候故にその例外ではなく、近所を散歩していても素敵なガーデニングをよく目にする。植物は帰国時はもちろん持って帰れないし、我が身は期間限定の海外赴任の身なのでガーデニングにはあまり手を出すつもりはなかった。でも、相方のリクエストもあって少ーしだけ楽しむことにした。となれば、まずは以前から憧れのあったハンギングバスケット。日本にいた時はベランダにハンギングできるスペースがなく断念していたので、ようやくだ。

Yosemite National Park

Half Dome from Glacier Point 2年前はYosemite弾丸ツアーで広く浅くまんべんなく、ただ心残りだったのが4月だったのでまだGlacier Pointへの道が開通していなかったこと。この季節のYosemiteは雪解けの水量豊富な春とは、ちょっとまた違う雰囲気だった。